永代供養で失敗しないためには

お墓の維持管理が難しくなっている現代では、永代供養を選択する人もどんどん増えています。

永代供養にしてもらっていれば、将来的にお墓の維持管理ができなくなっても、寺院などに供養を任せることができるので、残される人にとっても安心です。

今年、最も指示を集めた永代供養で快適な暮らしを実現しましょう。

永代供養は死後に親族に迷惑をかけることを避けられるうえ、費用も抑えることができるのが魅力です。



個人墓でなく、合祀墓や供養塔のような形式を利用すれば、さらに費用を抑えることが可能です。残された遺族に金銭的な負担をかけたくない人にとっては、ある意味で理想的といえるかもしれません。

ただしメリットだらけに見える永代供養ですが、価値観の違う人にとってはそうでないことも考慮しておくことが必要です。費用の安い形式のものだと、合祀されてしまえば故人の遺骨をとりだすことができないこともありますし、永代といっても永遠に供養し続けてくれるわけではないこともあります。
またお墓は故人をしのぶ場であり、法要にも親族同士のきずなを確認するという目的がありますので、親族の中にこの形式を快く思わない人がでてくる可能性もあります。

NAVERまとめの情報もあります。

したがって永代供養を選択する際には、事前にしっかりと準備しておくことが重要になります。


供養を依頼する寺院や霊園の特徴をしっかりと把握して、できれば複数の寺院などを比較するなどして吟味しておきましょう。

もちろん日頃から供養のあり方について、親族とよく話し合っておくことも必要です。